栄養管理サポート

栄養管理サポート

トレーニングに最適な食事をご用意しています

「主食、主菜、副菜、乳製品、果物をバランスよく!」が基本。
ご飯しっかり、乳製品と果物も入れて、よりバランスの良い食事になるように考えられています。

濁河スポーツセンター栄養アドバイザー

プロフィール

柴崎真木
管理栄養士/健康運動指導士
愛知水泳連盟医科学委員
中京女子大学大学院(現:至学館大学大学院)健康科学研究科(健康科学修士) 
名古屋商科大学大学院マネジメント研究科 在籍中

  • 1996年~2006年3月
    知人のコーチから選手の栄養相談を受けたことをきっかけにスポーツ栄養の仕事をフリーランスにて開始
  • 2006年4月~2008年9月
    財団法人岐阜県イベントスポーツ振興事業団/岐阜県スポーツ科学トレーニングセンター スポーツ栄養専門員
  • 2008年10月~2013年3月
    独立行政法人日本スポーツ振興センター/文部科学省委託事業マルチサポート事業
    アスリート支援スタッフ
    *ロンドン五輪(2012)競泳・柔道男子日本代表担当
    *広州アジア大会(2010)・ロンドン五輪(2012)マルチ・サポートハウスミール担当
  • 2013年9月~2015年3月
    独立行政法人日本スポーツ振興センター/文部科学省委託事業マルチサポート事業
    マルチサポート・ハウススタッフ
    *ソチ五輪(2014)・仁川アジア大会(2014)マルチ・サポートハウスミール担当
  • 2015年4月~現在
    フリーランスにてトップアスリートの栄養サポート活動を実施

フリーランスでの活動実績

チームサポートおよび合宿帯同

チームケンズ(トライアスロンチーム)/愛知製鋼陸上競技部/旭化成陸上部/信州大学スピードスケート部/スピードスケートソチ五輪代表選手/ジュビロ磐田ジュニアユースチーム/日本トライアスロン連合/日本陸上競技連盟(長距離男子・ジュニア) その他、大学ラグビー部、高校野球、ジュニアサッカースクールなどジュニアからトップアスリートまでパフォーマンス向上を目指したサポート活動を実施している。

その他

日本水泳連盟コーチ研修・養成講習会担当講師
月刊スイミングマガジン「食べて速くなる栄養学」連載中